墓石制作の前にチェックするポイント TOP

このサイトについて

これから新たにお墓を建てようとする場合には当然お金がかかります。お墓には色々とお金がかかるものですが、一体どの部分にお金がかかるのかはご存知でしょうか?お墓はどうしても生涯の内に一度しか建てないものです。そのため、お墓を建てるなら予備知識は必ず必要になります。そこでお墓に関する費用をまとめてみましょう。

まず新しくお墓を建てる場合には下記の3つの費用が必要となります。
・永代使用料
・墓石代・墓石工事費
・管理料

永代使用料というのは、お墓を建てるための墓地の使用する権利に対する費用で、寺院や霊園に対して支払うものになります。
これは墓地を使用するという権利の為のお金になり、自分の土地になる、ということではありません。永代使用料はほとんどの場合、いかなる理由があれど一度支払うと変換されることはありません。

墓石代・墓石工事費はそのままですが、墓石を制作するための費用になります。墓石の素材の石によって価格は替わり、さらに香炉のようなオプションを追加するとその分費用は高くなります。

管理費は墓地を維持する為、また管理してもらう為の費用になります。これは広さによって変わりますが、年間で数千円〜1万円程度かかります。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    戸籍収集、遺産分割協議、相続登記、相続税申告など名実ともに数多くの相続手続き 代行を行ってきたベテランの先生が行っている行政書士事務所です。夫婦カウンセラーとしても活躍している先生が運営しているので、親切で丁寧な相談者の目線に立って相談に乗ってくれるのでとてもお勧めです。
    Copyright(C) 墓石制作の前にチェックするポイント All Rights Reserved.