お墓を建てる時の管理料とは?

墓石を制作したあとは墓石を墓地や霊園に設置することになります。その墓石を設置する墓地や霊園には管理料というものの支払いが必要になります。管理料の料金はその墓地の広さによって異なりますが、大体相場としては1年間に数千円〜1万円くらいが目安になります。

これは永代使用料とは別に、霊園での維持・管理するために必要になるもので、お墓を置いている間には毎年支払いが発生します。また、お墓を引越したあとは引越した先で管理料が発生するので、お墓がある内には半永久的にかかる費用ということになります。

新聞を購読している方は霊園の折り込みチラシなどで見たことがある方もいらっしゃるかと思います。そのチラシの内容を見ると、「墓石一式でいくら」あるいは「1区画いくら」という表記で金額が表示されているのですが、これらの費用に関しては、主に永代使用料のことを指していたり、あるいは石材店に支払う墓石の価格も一緒になって表記していることがあります。しかし、これらの費用にはお墓の管理料金は含まれていません。別途費用が必要になりますので、墓石を設置する際には霊園にトータルでいくらの金額が必要になるか、ヒアリングしておくと良いでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 墓石制作の前にチェックするポイント All Rights Reserved.