和型墓石と洋型墓石の違い

お墓参りをすると様々な形状のお墓を見ることがあると思います。これまでのお墓は縦長で天に向けて高さのあるデザインがトレンドとしてありました。これらは「和型墓石」と呼ばれており、国内では江戸時代より広く普及されていました。弁石を二段積み上げて、その上に竿石が建った形になっています。この石は天、人、地を表していると言われています。

このようなタイプの墓石の形がこれまでは主流でしたが、近年建てられる墓石に関してはその流れが変化しつつあります。公園墓地や芝生墓地などでは高さよりも横幅のあるデザインの墓石が多くあります。時代も移り変わり、お墓も個性化が進んでいます。洋型の墓石は見た目にもスマートで現代的であります。このような「洋型墓石」と呼ばれる墓石が人気を集めてきています。台石は一段、あるいは二段になっており、安定的です。また、刻める文字が自由なのも人気の秘訣となっています。それでいて格調は和型の墓石と比べても遜色ありません。

原石の品質情報を元に石の種類を選択することができます。石にもこだわりつつも自分が将来的に入ることになるお墓ですので、デザインにこだわって墓石を制作するのも新しいスタイルなのかもしれません。

    管理人の一押しインフォメーション

  • 低価格である事と高品質である事を一番に考えてサービスを提供してくれるプロフィールビデオ製作会社を探しているなら、映像に納得いかない部分があった場合は何度でも無料で修正してくれるので、満足いく映像を作ることが出来てオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 墓石制作の前にチェックするポイント All Rights Reserved.