墓石制作の前にチェックするポイント TOPコンテンツ一覧 >墓石を管理してもらう墓地や霊園のタイプ

墓石を管理してもらう墓地や霊園のタイプ

「墓石を設置する墓地や霊園」と一言でいっても経営主体がそれぞれ異なり、大きく分類すると3つに分かれます。
さらに細分化すると4〜5に分かれますが、最低限メインとなる3つの墓地、霊園の違いは把握しておくと良いでしょう。

まず、一番人気なのが公営墓地です。公営墓地はその名の通り、各都道府県、市区町村などの自治体が運営している墓地・霊園です。メリットは何と言っても永代使用料や管理費の安さです。通常どこの墓地でも霊園でも墓地を利用する為には、はじめに永代使用料が必要となるのですが、民間で運営している墓地よりも圧倒的に安いので、とても人気があります。あまりに人気があるので、抽選制になっていることがほとんどで、必ずしも利用できるとは限りません。
ただし、規模も大きく、宗教や宗派も問われませんので最優先で手配するなら公営墓地が良いでしょう。

続いて民営の墓地です。民営と言っても公益法人や宗教法人が経営しているものです。こちらも永続性があります。そして、経営母体の宗教と一致していなくても利用できます。それぞれ公園墓地、公苑墓地など表記が異なりますが、これらを総称して民営墓地と呼ばれています。民営墓地は公営墓地と比較してもちょっと高めです。

そして寺院墓地です。これは宗派をお寺に合わせなければ入れないので、少々敷居が高めになっています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 墓石制作の前にチェックするポイント All Rights Reserved.